fbpx

お約束(小学部)

自ら学校の宿題を始めるような
主体性のあるお子さまに育てます。

授業の前後にある休み時間に、
「新聞」「ドキドキストーリー」「人型ロボット」を活用し、キャリア教育を無料で行っています。

肌で感じ、体験すれば、感情が動く。

そうすれば、時事問題のように説明が難しい、抽象的なことでも、具体的にイメージができて理解できるようになります。

これで、説明だけでは到底理解できない「勉強する意味」が分かるようになります。

「学校の宿題を後回しにしていた息子が、
 何も言わなくても宿題を始めるようになりました」
と言う保護者と同じ感動を提供したい。

個別指導(基礎・標準)

コース

「ダイヤマジック」を使って、以下の心を育てます。

・学校のテストで100点を目指したくなる向上心
計算ミスを減らす努力
文字の見間違いを減らす努力

基礎コース

学校で行われる単元確認テスト(カラー印刷・厚め・A3サイズ)で、90点以上を目指します。

標準コース

学校で行われる単元確認テスト(カラー印刷・厚め・A3サイズ)で、100点を目指します。

個別指導(中学受験コース)

学校の授業進度に関係なく、志望校のレベルに応じた、私立中学受験専用教材または中高一貫専用教材を使い指導します。

額に「合格必勝!」というハチマキをして、ガツガツした受験ではなく、
生徒の主体性を最大限に優先したスマートな受験合格を目指します。

ロボット・プログラミング講座

すでに、終身雇用制度が崩れ始め、大企業に就職しても、いつリストラになっても驚くことはなくなりました。

このような社会では学歴はあまり意味を持たないと言われています。

人やモノがネットでつながるため、どこの大学を卒業したのかでなく、何ができるのかという「個人力」が大きな武器になります。

この個人力の土台を鍛えるのに、ロボット・プログラミング講座は、最適なトレーニングなんです。

プログラミング授業を進めていくと、必ず、にぶち当たります。

この時、生徒は何が原因なのか調査します。

そして、その解決策を考え仮説を立てて、実行します。
それでも上手くいかなければ、視点を変えて何度も解決策を再考します。

このように壁を乗り越える楽しさを味わいます。
この体験は、きっと信念に変わるでしょう。

「壁は、自分を成長するためにある」と。

生徒が大人になった時、
周囲の人々は、様々な壁を乗り越えていく姿を見て、敬意の念を持つことでしょう。

このような人才を育成します。

脳快トレーニング

脳を快い状態にして、活性化していきます。

読解力という言葉は、
2つの力「読む力」「解く力」から成り立っています。

脳快トレーニングでは、この2つの力を鍛えます。

【読む力】
・文字の見間違いが多い方は、文字の認識力をUPできます。
・記憶力UPが弱い方は、短記記憶力をUPできます。

【解く力】
・判断に時間がかかる方は、思考力をUPできます。
・一文の構造を考えて、意味を理解する力をUPできます。

脳快トレーニングにて、全教科の問題を解く土台を強化します。

保護者様への約束

  1. お約束(小学部)

    授業の前後にある休み時間に、 「新聞」「ドキドキストーリー」「人型ロボット」を活用し、キャリア…

  2. お約束(中学部)

    当塾は、塾長が13年間で1万6千回の個別指導を行いました。 その間、新しい指導方法を開発し、効果のない方法は削除し、 効果…

  3. お約束(高校部)