日本は中国と韓国から攻撃を受けて、血まみれに?

塾長ブログ

明石 大久保 塾 個別指導 中国 韓国
  • 「勝つか負けるかではなく、生きるか死ぬか」

これは、2017年12月5日の

日本経済新聞に掲載された

トヨタ自動車の11代目

豊田章男社長の言葉です。

  • 「現在の危機感はもう200%、深海の深さだ。
    今のままでは10年も持たない」

これは、

2019年2月10日の日経新聞朝刊に掲載された、
松下幸之助のDNAを受け継いでいる
パナソニック8代目

津賀社長の言葉です。


このように、
自動車産業、電子部品産業を

代表する社長は
世界と勝負し、肌で感じ、苦悩している

ことが想像できます。


実は、彼らの言葉は、
日本の将来を予言していると

言っても過言ではないのです。


なぜなら、

2017年の日本の輸出上位3品目は、


第1位、自動車(15.1%)
第2位 半導体等電子部品(5.1%)
第3位 自動車の部分品(5.0%)


自動車と電子関連産業だけで、
日本が稼いでいる総額の

25%もあるのです。


特に中国の技術レベルが凄まじく、
カメラと人工知能(AI)を活用する

省人型コンビニが登場しています!


さらに、

5Gの特許出願シェアは、

中国世界シェア3分の1もあります!


第2位韓国は米国位を抜いて25%!


日本はたったの5%

来年4月に始まる5Gを日本人が使えば使うほど、

大事なお金が、

中国や韓国へ流れていくことになるのです。


新しく令和の時代になりましたが、

日本の立場

厳しくなることは間違いありません。


また、

日本の技術劣化を

心配する声も大きくなっています。


2018年10月に

起こった台湾での脱線事故


日本が製造した列車が脱線し、

18人が死亡。


この原因は車両の設計ミスだったため

台湾鉄道管理局が

住友商事に賠償金を請求しています。


さらに、

日本の新幹線でも技術問題が発生。


台車枠の製造過程で

底部を不正に削ったことが原因で
「のぞみ」の台車に亀裂が発生し、

大惨事になる手前でした。

P.S.

我々、日本船の戦いは厳しい状況下です。

しかし、

キャリアの塾生が大学を卒業した後は、

彼らが、新しい舞台で活躍してほしい。

そのために、10年以上、研究し続けて

次世代の教育「スリーマジック」を開発しました。

数学が0点だった中学3年生が

たった1回3分間の指導で、72点に!

信じてもらえますか?

これ事実です。

コメント

この記事へのコメントはありません。