楽しいから努力するのではなく、努力から楽しさを知る

「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」


この言葉は、天台宗を開いた最澄の言葉です。 

実は、この上に別の言葉があります。 

「怪寸十枚これ国宝にあらず、一隅を照らす、これすなわち国宝なり」というのが全文だそうです。 

「怪寸」とは「金銀財宝」の事を示しています。 

つまり、現代語訳にすると、

「金銀財宝は国家の宝ではない。 一隅を照らす、

つまり

自分自身が与えられた場所で努力し、その場を照らす人たち、 

その人が国家の宝である。」となります。

この言葉を聞いて、何を感じますか? 

最近の日本人は、努力している人に対して、要領が悪い、泥臭いような目で見ている人が多くなってきていると思われます。

とても残念なことです。 

このような日本人の価値観の変化が、努力せずに悪い結果が出ても、言い訳をして、正当化する人を増やしているのでしょうか。

また、幼児の時に、何かをしていて嫌になれば、すぐに止めていた人は、要注意です。 

このような人は、中学生になって、嫌な勉強する時、色々と言い訳をして、努力をしません。 

なぜなら、

彼らは、そのように振る舞うことが正しいと思っているからです。

彼らの立場から考えると、、、、

「確か、幼児の時に、

”好きでないことがあると、辛抱するのではなく、あきらめるものだ”

と学習したよね。」

今では、潜在意識でそのように感じて、判断しているのです。

つまり、

「やりたくないことは、しない。」

このように幼児の頃に教えられていたのです。

しかし、

キャリアの塾生は、

努力することが美しいと思える人になれるよう、私の熱い指導が行われます。 

生きる美学を知ってほしいので、、、、 

楽しいから、努力をするのではなく、

努力をしてから、楽しさを知ってほしい。

多くの人にとって、掃除は楽しいものではありません。

しかし、

その後、きれいになった周りを見るとどのような気分になりますか?

気持ちいいですよね。

掃除が好きな人は、再度、その気持ちを体験したいから、掃除をします。

このように、

嫌なことをどのようにすれば、嫌でなくなるのか。 

それを見つけ出すことも美学の一つです。

目の前にある勉強をコツコツと努力をする。

その後に、素晴らしい結果が得られると、

“一隅を照らす” 努力を積み重ねていく事が最も大切だと分かるでしょう。

もう少し力量があれば、一隅だけでなく、その周囲にいる多くの人を照らすこともできます。 

当塾では、そのような人財に育てていきます。

コメント

この記事へのコメントはありません。