動機を持って勉強させる魔法とは。

最近は、仕事に夢中でブログ更新を忘れていました。

6月から開始する「リスニング゙講座」の準備。

中間テストの予想問題作成。

テスト対策の準備。

などなど。

気づいたら、すぐ実行ということで、

今回は、今日、原稿ができあがったばかりのニュースレター(6月号)の一部を紹介いたします。

当塾では、毎月、ニュースレターを保護者様にお渡ししています。

それは、保護者様、生徒、当塾が三位一体となるために欠かせないツールの一つです。

タイトル:保護者様からのご相談

最近、保護者様から次のようなご相談がありました。

A様:「塾の宿題が多いという理由で、全ての宿題ができていません。どうすればよいのでしょうか。」


B様:「家では学校と塾の宿題しかしていません。自主性を持ってそれら以外の勉強をしてほしいのですが、どうすればよろしいでしょうか」

個々に対応させていただきましたが、当塾が考える教育プロセスを述べさせていただきます。


生徒を観察していますと、「行動」から「目的」が見えてきます。

この「目的」というのは、その人が「立っている位置」と、ものの「見方」によって決定されていると考えています。


最初、生徒に気づかせることは、生徒が「立っている位置」でしょう。

次に、生徒に今のポジションが目的に合っているのか考えさせます

そして、レベルの高い位置へ移動することにより、ものの「見方」が変わり、今までとは異なる「選択」をすることについて説明します。

これらのことを生徒が経験したことのある出来事に例えて、説明します。


この時、注意したいことは、選択した行動が「役に立つ」のかどうか、そして、その選択した結果「自分自身が喜べる」かどうか。

これが動機となり、進む方向が定まります

また、周りの大人たちが行動で示したり、生徒が関心のある人の成功プロセスを話したりすることにより、さらに効果があると思います。


A様の場合では、私は、次のようなことを生徒に伝えました。

「今、○○君は補欠だけど、何を考えて練習している? レギラーになろうと思って練習しているなら、いつになってもレギラーにはなれないな。

なぜなら、レギラーの人は試合に勝つために練習している。

同じ練習しているように見えても、練習の目的と見方が高い位置にあるから、得る量が多い。

あなたがレギラーの人と同じ考えをすれば、練習の目的と見方が変わる。

そして、選択するものも変わる。

実は、勉強も同じ。

心の底から成績を上げたいと思っていれば、あなたは何を選択する?」と。

コメント

この記事へのコメントはありません。