理科実験(大久保教室)

今年も恒例の理科実験を行いました。

今回の実験は、「手作り顕微鏡で、なんでも調べよう!」


まず、顕微鏡を自分で作る前に、顕微鏡の仕組みを勉強しました。

その後は、顕微鏡作りの工作時間。

生徒達は、説明書を見ながら、顕微鏡を組み立てています。

中学生は、困っている小学生を指導することにより、コミュニケーション力もUPしつつ、

ジャーン!

手作り顕微鏡の完成!

そして、プレパラート作り。

まずは、小さくきざんだアオノリをスライドガラスの真ん中に。

水を1滴。

カバーガラスをその上に置いて、プレパラートをステージに。

すると、

「先生! 何も見えません!」

「どれどれ」

「アオノリがレンズの下にないじゃん。」


「先生! 何も見えません!」

「次はどうした?」

「プレパラートがステージの上にないじゃん!」


「先生!」

「どうした?」

「鼻血がでました!」

「なんでやねん!」

「乾燥させたミジンコが入った容器のふたを開けて、その匂いを嗅いだら急に・・・・・・」

理科実験が始まって以来の流血事件。

大笑いしながら、時間終了。

このように、楽しく理科事件が

いや、

楽しく理科実験が終了しました。


P.S.

成績をUPさせる新しい教材を作るヒントを見つけました。

通常の個別指導の時に、問題にある条件を見落とす生徒ほど、

顕微鏡の説明書をじっくり読めず、時間がかかることが分かりました。

ということは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!

コメント

この記事へのコメントはありません。