公立高校入試で出題された、思考力・表現力を試すこのような問題を解けますか?

塾長ブログ

明石塾 大久保 入試

2020年度から、現行の「センター試験」が、

「大学入学共通テスト」へ移行されるのは、皆さん、ご存知のことだと思います。 

でも、驚かないで下さいよ。

それに向けて、大学入試だけではなく、

公立高校入試でも、論理力、思考力、表現力を問う、

今までに見たこともない問題が、

とうとう昨年度から数多く出題されたのです。 

例えば、

宝石赤

 英 語

・英語で質問された問題に、自分自身について英語で答える英作問題(長崎県)


・英語で書かれたテーマに対して、自分の意見や考えを英語で答える英作問題(栃木県)


・絵を見て、相応しい表現を英語で答える問題(千葉県)

宝石ブルー

 数 学

・会話の流れから、論理的に意図を理解し、解くための条件を見つけ出し、答えを導き出す問題(岩手県)

・身近にある疑問について数学で解決する問題(長野県)

宝石緑

 理 科

身近にいる一つの生物に関して、広く深く考えていく問題(山形県)

宝石紫

社 会

・複数のグラフや図などの資料から、結果の理由を考えさせる問題(宮崎県)

・複数の資料から、結果の理由について文章で答えさせる問題(石川県)

宝石赤

 国 語

・よりわかりやすく伝える工夫を考えさせる問題(宮城県)


・スピーチで提示するイラストを見せて、そのねらいを考えさせる問題(群馬県)

さて、どのように感じられましたか?

多くの人が、「なんか、よく分からん。」

と思ったことでしょう。

言えることは、

日頃から考える習慣のない中学生が、

このような思考力、論理力、表現力の問題に正解するには、

明石港から淡路島へ泳いで渡るぐらい難しいということ。


さて、普通の学習塾が、生徒に思考力・論理力・表現力をつけさせることはできるのでしょうか?

それは、難しいでしょう。

なぜなら、通常、定期考査対策の授業をして、中3の秋頃から入試対策授業を行う塾がほとんどだからです。

たった数ヶ月間で、論理力、思考力、表現力を習得できますか?

では、

塾が頼りにならないなら、ご家庭で何をすれば、良いのでしょうか?

ここまで、お読みになられているということは、

非常に意識レベルが高い保護者様だと思わますので、

特別に、

禁じられていた魔法の言葉をお教えします。

ご自宅で、無料で、簡単に、思考力・論理力・表現力をUPさせる方法とは?

「それは、1日5回以上、お子様に「Why(なぜ)」という質問をすること。」

お子様がこの質問に答えるために考えている間、脳はとても活性化していることでしょう。

毎日、これを繰り返すと、脳の中では、神経線維が増加します。

そうなると、簡単に脳内に電流が流れやすくなり、

いつでも、すぐに、因果関係を見つけ出すことが可能になります。

その結果、

入試問題に出るような論理力・思考力・表現力を正解する力を手に入れることができるのです。

当塾では、すでに、2年前から、それらの力を育成する授業を始めています。

例えば、

宝石赤

塾長が行っている国語の個別授業

宝石紫

新大学入試に対応したキャリア講座

宝石緑

アクティブラーニング形式の英語長文講座

そして、

宝石ブルー

アクティブラーニング形式の入試対策講座。

しかも、結果もついてきています。

最も、長くこれらのトレーニングをしていた高校1年生のT君は、

進研模試の国語で、全国偏差値が、

60でなく、65でなく、なんと、70.8に!

こんなことで、満足する私ではありません。

日々、指導カリキュラムを微調整しながら、より効果が出るように指導方法を改善しているだけではなく、

普段から、論理力・思考力トレーニングができるように、

さらに、新しい講座を2つ開講するため、現在、準備中です。

お楽しみに!

コメント

この記事へのコメントはありません。