日本代表の長谷部選手 今の若い世代を見て不満に思うこととは?

塾長ブログ

明石塾 サッカー

今日、サッカーの日本代表が帰国しました。

久しぶりに、日本が一つになり、感動を与えてくれた選手たちに感謝を申し上げたいと思います。

「ありがとう!」

日本の子供達にとって、模範になるような行動が多々あり、

塾生にも、ひとつひとつのプレーに対する選手の熱い思いを伝えています。

ところが、日々、私が悩んでいることを

代表の長谷部選手も感じていたという記事を目にしました。

彼は、今の若い選手に危機感を持っているそうです。

今の日本は、大人社会も、子どもに対しても、厳しさが少なすぎるのです。

だから、世界の厳しさを知っている長谷部選手は、

日本の若者は冷めていると危機感を持っているのだと思います。

これからの日本に危機感を持っているキャリアでは、

原因が分かっているので、その対策指導に乗り出しています。

塾を辞めていく生徒もいますが、

塾に残って教育を受けている生徒は、しっかりと自分を持って、

勉強に励んでいます。

以下は、朝日新聞DIGITALからの引用です。

何よりもチームのバランスを重んじ、

不和につながるような発言はしない長谷部が、

若手への不満を口にしたのは3月上旬。

彼にインタビューしたときのことだった。

 「批判覚悟で言えば、日本の若い年代に関しては、

ちょっと危機感を覚えている。

熱いものは持っているんだけど、

それをピッチの上で出せなかったりとか、

ちょっと冷めていたりとか」

このままでは、W杯は戦えない。

そう危機感を覚えた主将が、終わりの近づく自分の仕事として、

一歩踏み込んだ発言でチームに変化をもたらそうとしたのだと、

今は感じる。

コメント

この記事へのコメントはありません。