やる気を引き出す『スコアシステム』導入!

世界中でビジネスを展開している超有名大企業、

コカコーラ、マクドナルド、マイクロソフト、グーグルで導入している「スコア・システム」。 

この基本を塾長が独学で勉強しました。 

塾向けにアレンジしましたので、中間テストから中学部でS1GPとして復活させます。


スポーツは、肉体的にも精神的にも辛いのに、なぜ、選手は努力をするのか。 

この点を研究し、ビジネスに応用したものが「スコア・システム」です。 

スポーツのゲームでは、悪い点ではなく良い点が、ネガティブな点でなくポジティブな点が重視されます。 

例えば、野球だと、打率、防御率などがスコアで、これらを監督・コーチが評価し、選手にフィードバックする。 

選手は、その中で弱点があれば改善指導を受けて、ポジティブな結果に対して報酬(年棒)を受け取ります。


このプロセスの中で、注意しなければならないことは、

「間違いを指摘されても人をやる気にさせられない」ということ。 

人は、望ましい行動の強化を望んでいるので、弱点があれば気づかせることが大切なのです。 

間違いと言わずに、弱点だと伝えること。 

そして、プラスの面を評価するのです。


しかし、褒めてばかりだと、努力しない人が育つので、超えてはならないエンドラインを設定します。 

これを超えると、コーチングを受けることになります。


残念なことですが、「勝つことが目的」の西洋のシステムには、「鍛錬が目的」の東洋(武道・芸道)システムの考えがありません。 

今の日本人は、「鍛錬=悪」というイメージを持っている人多いと思いますが、

私は、「鍛錬=必要」だと考えています。


このため、西洋と東洋の良い所取りをして、今月からS1グランプリが復活します!

さあ、ライバルは自分だ。

昨日の自分に打ち勝とう!

コメント

この記事へのコメントはありません。