キャリア講義について

今月から、生徒の主体性を引き出す対策として、キャリア講義をしています。

1時間目と2時間目の間の休憩時間に

中学生の生徒全員を一斉授業教室へ入室させて、

毎日異なる題材から、勉強をする目的、生き方などを話しています。

6日の木曜日には、「アップルの創始者の一人、スティーブ、ジョブス」の人生から、ピンチに立たされた時、どのように考え、行動すればよいのか!について語りました。


話はさかのぼります。

私が大学院生の時、研究室では、マッキントッシュを使ってデータ入力、グラフ作成、論文作成をしていました。

このコンピューターを作り上げたスティーブ、ジョブスに興味があり、

彼に関する記事が載っている本があれば、学生の頃から読んでいました。

彼は、20歳の時ガレージの中でアップルという会社を創設し、多くの人がコンピュータを使えるようにパソコンを開発し、多くの人から認められ、成功しました。

その後、取締役会からクビを宣告。

そして、再度、新しい会社を立ち上げ、その会社も大成功へ導きました。

その成功した会社がアップルに買収され、自分が最初に立ち上げた会社アップルへ。

20代の若い私は、このような彼の生き方に感動したものです。


彼の考え方や生き方は、神の領域にあると思います。

そこには、学ぶべきことがたくさんあります。

スタンフォード大学での彼の有名なスピーチが、日経に掲載されていたので、リンクします。

リンクは許可がなくても良いのか分かりませんが、何か問題があれば、ご連絡ください。

さらに、動画サイトもありましたので、ご参考にしてください。

今後、ジョブスのスピーチから得られた生きるヒントも、キャリア講義にて指導していきたいと思います。


講義の次の日、中3の生徒が、

「先生、学校でジョブスの話を友達にしたよ」と

笑顔で言っていました。

何か、彼女の中で化学変化が起こったことに期待したいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。