fbpx

S1グランプリ

成長のための完璧な舞台。

中学生は、なぜ、こうも「オンラインゲーム」にハマるのでしょうか?

「それだけのエネルギーを勉強に向けてほしい」

このように思っているのは、私だけでしょうか?

 

あれだけ夢中になるには、何かいろいろな仕掛けがあるにちがいないと思った私は、

やる気を引き出す本を読んで、調べていました。すると、、、、、、

 

東京大学大学院教育学研究科 市川伸一教授の「学習動機の二要因モデル」に出会ったのです。

それには、驚くべき、学習に対する6つの「やる気エンジン」が書かています。

 

その中から、私は
オンラインゲームに関連しそうな3つの志向(エンジン)を選びました。

 

(関係志向エンジン)「みんなが頑張っているから、ゲームしよう」

(訓練志向エンジン)「過去の自分に負けるものか」

(報酬志向エンジン)「自分が成長すれば、アイテムがもらえる!」

 

さらに、これらの「ゲーム」への動機を「勉強」に変えるために
3つのコンセプトを考えました。

 

(関係志向エンジン)「みんなが頑張っているから、勉強しよう」

(訓練志向エンジン)「過去の自分に負けるものか」

(報酬志向エンジン)「自分が成長すれば、プレゼントがもらえる!」

 

そして、こららを統合した仕掛けを考えたんです。

それが、S1グランプリ

当塾のオリジナルやる気アップシステムです。

 

最大のエンジンは、内発的動機を促す「訓練志向」

これは、過去の自分より偉くなりたいという「やる気エンジン」に点火します。

 

短期間に自分の成長を感じると、気持ちいいものです。

生徒はその感情をもう一度、味わいたい欲望が生れて、
見たこともない行動に出ます。

言われる前に宿題をしたり、自習室へ来て勉強したりするように変わるんです。

 

もし、あなたのお子さんに言ってもダメなら、

きちんと科学的に証明させた「やる気エンジン」を組み込まれた仕掛けが必要なのかもしれません。

 

例えば、

S1グランプリでは、ゲームのようにステージがあります。
最初は、「見習い」からスタート。

生徒が努力して、手に入れるごとに、
1段2段へと昇段してステージがアップしていきます。

 

この環境こそが、成長エンジン点火するのです。

これでバラ色人生を!

  1. 成功に絶対必要なこと

    部活動の練習中に、みんなから「すごいよ!」とか、 テストの答案用紙が返却されてきた時に、みんなから「めっちゃ、ええ点数やん!」と…

  2. 優秀者特別プレゼント

    「できれば、勉強を好きになってほしい」

  3. ソウルマジック

    「いつも、スマホのゲームばっかりして! いい加減に勉強しいや!」 ソファーに寝転んで、スマホのゲームをしているお子さまを見る…

  4. ダイヤマジック

    塾に通っても成績が上がらない方は、何をどうすれば良いのか悩まれ…

  5. パフォーマンスマジック

    「先生、勉強の仕方が分かりません!」 生徒からこのような質問を受けました。 そこで、私はまず、〇〇をして、△△をして・・・…

  6. S1グランプリ

    中学生は、なぜ、こうも「オンラインゲーム」