fbpx

県立芦屋国際中等教育学校へ合格!

塾長ブログ

兵庫県立芦屋国際中等教育学校

先日、小学6年生の女の子がお手紙とチョコレートを持って来てくれました。

ありがとう~。そして、おめでとう!

彼女は、日本初の国際中等教育学校として誕生した「兵庫県立芦屋国際中等教育学校」を受験しました。

芦国は、1学年80名しかいない公立の中高一貫校。

しかも、外国人枠が30名、帰国子女枠が30名、一般枠が20名で、一般人にとってかなり狭き門です。

今年は、この20名の座席に263名の日本人が挑み、倍率が13.2倍もありました。

入試の特徴は、「人間力」について「作文」と「面接」で問われる点です。

小学6年生の時点で「英検2級(高3レベル)」を持っていても、「不合格」になる子もいるので、かなり厳しい審査が行われます。

でも、塾生は見事、合格しました。

その秘訣は何かというと、

・彼女が今までに努力してきたこと

・将来の夢

・芦国の教育理念

この3点を材料にして、上手に料理して、美味しい「志願理由書」が書けたことだと思っています。

当然、作文力も大事です。

しかし、合格の決め手は、

作文内容と志願理由書が一致できているかどうかが重要だからです。

美味しい料理方法には秘策がありました。

私が東京へ行って、出版塾で学んだ「9マス」を活用したこと。

これで生徒はスイスイと「志願理由書」を書くことができました。

これもベストセラー作家伝ちゃん先生のお陰です。

現在、芦国には37カ国の国籍の学生が学んでいるそうです。

Tさんも、国際色豊かな学校で、多文化に触れて、世界の人々に貢献できるリーダーに成長することでしょう!

合格おめでとう!

無料体験を希望の方はこちらをどうぞ!