冬に来る?第2波による休校対策!

塾長ブログ

明石 個別

2020年6月5日(金)に萩生田文部科学相が発言された内容のうち、2点が気になったので、コメントします。

1点目:冬に第2波が来ると、今年度の修学期間を延長することも検討すると発言。

2点目:小中学校の教科書のうち、約2割分を授業外で学ぶことができると発言。


1点目については、9月入学を意識されているのだと思いますが、文科省だけの問題ではなく、経済界や他の業界にも大きく影響を及ぼすようなので、そう簡単にはいかないように思います。

もし、そのように決定されたら、日本人はかなりの覚悟を持って挑むようになるでしょう。


では、どのようにして学校は、遅れた分を取り戻すのか

そのヒントが2点目の数字にあります。

一体、どこから、2割と出てきたのでしょうか?

学校が休校になっていた時期と重なりますが、偶然でしょうか?

それとも、、、、、、、、、。

おそらく、授業外で学ばせるという口実で、文科省は教科書を指導する進度を速めたいのです。

言葉が悪いですが、

「授業の進む速度が速くなって、置いて行かれた生徒がいれば申し訳ない

と言っているように私には聞こえます。

でも、私たちは安心して下さい。

これは、予想通りの展開です。

5つのコロナ秘策授業風景

今のまま、コロナ対策授業で、学習計画通り進めていけば問題はありません。

さらに、当塾の各種無料補講でも、全力でサポートします。

コメント

この記事へのコメントはありません。