これ、嘘でしょ。 アクティブラーニングを夏期講習の英語長文講座で実施したら・・

現在、

塾生の1学期の期末考査の順位と、

2学期の課題・実力テストの順位を比較して、

夏期講習の指導方法の検証を行っています。

今回、中学3年生を対象として、

「塾長の英語長文読解講座」を初めて開講しました。

中学3年生の夏休み期間は、

みんなが必死になって勉強しているので、

1学期に比べて2学期の順位を上げることは難しいのが現実です。

しかし、

この講座で使った「アクティブラーニング」の手法は、

授業中、生徒たちの手応えをとても感じていたので、

検証することを楽しみにしていました。

そして、

数字を見て、驚きました。

講座に参加者した全員の平均順位が

ビックリマーク

100人中換算順位で、「14.2位」もUPしていました。 

これは、す、すごい結果です! 

ビックリマーク

最も追い抜いた人数が多かったN君は、100人中換算で37人抜き

おい! マジか!

こんなに、「アクティブラーニング」の効果はあるのか!


この講座は、高校3年生の大学受験指導で、

たまたま発見した、

英語長文で驚くべき正解率を叩きだした指導方法をベースに、

中学生向けにアレンジした授業です。 


今後、夏期講習、冬期講習、春期講習で実施することに決めました。 

英語の長文問題を得意にしたい中学部の方は、

是非、「塾長の英語長文読解講座」に参加して下さい。

きっと、新しい自分に出会えますよ。

お約束します。

コメント

この記事へのコメントはありません。