理科実験講座のお知らせ

私たちの身の回りのほとんどの物は、電気で動きます。

ガソリンで動いていた自動車 までも、電気の力で同じように走行できる時代です。

科学進歩のスピードはとても速いですね

世界的に、エネルギーの関心が高くなっていますし、自分で電気を発生するものを作れば、生徒はワクワクするはず。

で、

今回の実験は、燃料電池を作ることにしました。

実験の概要は、

まず、ろうそくので木炭を作ります。

アルミホイルと木炭、食塩水といった身近にあるものを使って、燃料電池を組み立てます。

なぜ、これらのもので電池ができるのか

その後、付属の電子オルゴールを鳴らして、電流が流れたかどうか確認します。

音楽が流れた瞬間、大人も子供も感動してしまうこと間違いなしです!

また、今回の実験を整理をすれば、夏休みの自由研究が完成!

小学校指導要領:小6「燃焼の仕組み」

中学校指導要領:中1「物質のすがた」


日時 : 8月1日(日) 19:00~21:00

場所 : 創心義塾

定員 : 12名(定員になり次第、締め切りとさせていただきます。)

受付期間 : 7月12日(月)12:00~7月24日(土)17:00

    お問合せは、078-936-9640

   定員が少ないため、お早めにお申し込みください。

コメント

この記事へのコメントはありません。