明石高専 合格者 のお知らせ

昨日、中学3年生の生徒から嬉しい報告の電話がありました。

「先生、合格しました」

「そうか、そうか、それは良かったなぁ  最後まで諦めずに頑張ったね」

彼は、見事 明石高専に合格! (=⌒▽⌒=)

中学1年生の2学期に彼が入塾した頃は、成績は真ん中あたりでした。

もともと、お母様の教育指導のもと、記憶力、理解力に優れていたのですが、中学へ進学したとたん、自分の目標が定まらず、フラ~と過ごす日々が続いていたそうです。

私は、定期テストの答案用紙を見ながら、間違えた原因をチェックし、問題点を洗い出しました。

少しずつ、○○しようと改善指導を行い、成績は、右肩上がり。

2年生の2学期期末テストの時、やる気の出た彼は、

「先生、朝まで勉強頑張ります。」 と一言。

そして、私は、この気持ちを維持してほしいと思ったので、

朝の5時まで一緒に、勉強しました。


さらに、日本の政治・経済などについて語りながら、彼の性格や得意分野なども踏まえて、彼が将来目指すものを一緒に探す日々。

そして、昨年の秋頃に、彼は明石高専を受験することを決意しました。

走馬灯のように彼との思い出が駆け巡ります。

本当に、K君 合格おめでとう! 

そして、貴方の夢に向かって、羽ばたいてください。

応援しています。 何かあれば、いつでも相談にのるので、遊びに来てくださいね。

P.S

試験当日使った入試問題をプレゼントしてくれて、ありがとう。

野球で例えるなら、ウイニングボールかな?

大事にとっておきます。

コメント

この記事へのコメントはありません。