なぜ、プログラミング教育がお子さまの潜在能力を開花させられるのか?

服を脱ぎっぱなしにせんといて!

「ただいま~」


金曜日の夕方、息子が近くの公園から家に帰ってきてきました。


「お帰り~」


台所で長ネギを切っていたお母さんの声。


今、夕食の準備に追われています。


息子は、玄関で汚れた服をポイっと脱いで、そのままリビングに入るなり、スグにゲームを始めています。


それから、5分後です、雷が落ちたのは。


「もう~、服を脱ぎっぱなしにせんといて!」


「脱いだら、洗濯機の前に置いてあるカゴに入れなさい!」



やりたいことをする前に、考えてから行動する。
この習慣が考える力を伸ばすってホント?

玄関で服を脱げば、みんなに迷惑がかかると考えて、そうなったら申し訳ないと思える子どももいます。


もし、このように思考できる子どもは、玄関で服を脱ぐことはないでしょう。


つまり、何を思考するのか、これによって、人の行動は変わるのです。



プログラミングの授業では、一つの指示に一つの結果だけではなく、一つの指示に対して複数の結果についてイメージするようにさせます。


それができない生徒には、「もし、こうすれば、ダメかな? じゃ、別の方法でこうしてみよう」と、講師はアドバイスをします。


ある時、プログラミング指示は同じでも、それらの順番を入れ替えてみるだけで、思いもよらない結果が現れることもあります。



このように、プログラム教育を受けることで、トライ&エラーを繰り返し、問題を解決できる体験が得られます。


これこそが、お子さまの潜在能力を開花する環境なのではないでしょうか。


お子様の論理力・思考力が別のレベルに進めば、やりっぱなしがなくなるなど私生活の改善に期待できます。


さらに、学校のテスト勉強方法に対しても創意工夫ができるようになれば、主体性を持って勉強するようになるでしょう。


これこそが、プログラミング教育の真の目的です。


何が言いたいの? はっきり言いなさい!

久しぶりに家族で旅行に行くことになりました。


「どこに行きたい?」 


笑顔のお母さんが、いつも無口な息子に言いました。


「どこでもええで」


「どこでもって。 行きたいところないの?」


「別に・・・・」


どうすれば、大人しい子の発言力を伸ばせるのか?

実践編のプログラミングの授業での話です。


いつも大人しい生徒が夢中で考えていました。


Pepperにどのように動いてほしいのか、どのように話してほしいのか、彼は真剣な眼差しで、パソコンと向き合っていました。


「先生、プログラムができたから、実行してもいい?」


「もうできたん? 早いね! 良いよ!」


彼がPepperの肩に手を触れた瞬間、


「何か、ご用ですか?」と、子供のような声が聞こえました。


「お~、やったー。 先生、Pepperが話したで」


今まで、物静かだった生徒の気持ちが動いた瞬間です。


「やったね! じゃ、次はどのようにしたい?」


「うん! そうだな、ぼくと会話できるよようにしたい!」


「それ、良いね!、そうしよう」



プログラミングの授業では、このような会話が飛び交います。


胸の内に大きな感情が込み上げてくると、黙ることが辛くなります。


このエネルギーが生まれることで、控えめだった生徒が、高揚した気分になり、周りの友達も共感します。


そうなれば、自然にコミュニケーションができるようになるでしょう。


このはしゃいだ体験が潜在意識に記憶されていると、ここぞという時に、あの心地の良い状態になりたい気持ちが無意識に出てきます。


だから、大人しかった生徒が、人が生まれ変わったように積極的にコミュニケーションがとれるようになるのです。


このようにして、表現力を育成します。