なぜ、2020年度から小学校の授業でプログラミングが必修化になったのか?

我が国の競争力を左右するのは何か。


それは「IT 力」です。ヨーロッパでは、「IT 力」が、若者が労働市場に入るために必要不可欠な要素であると認識されています。


現に、90% の職業が、少なくとも基礎的な IT スキルを必要としていると言われており、多くの国や地域が学校教育のカリキュラムの一環としてプログラミングを導入しています。



一方で日本では、2020 年までに 37 万人もの IT 人材が不足すると言われています。


今後、国際社会において「IT 力」をめぐる競争が激化することが予測され、子供の頃から「IT 力」を育成して裾野を広げておかなければ勝ち抜くことはできません。


そのような思いから、小学校におけるプログラミング教育の必修化は実現されたのです。


(文部科学省HP 未来の学びコンソーシアム 小学校プログラミング教育必修化に向けて より抜粋)


当講座は、プログラミング言語や技能の習得が目的ではありません!

プログラミングは、ツールです。


それを上手く使うことで、受け身的な授業ではなく、
生徒一人ひとりが主体的になれる楽しい授業になれるのです。


この活動的な授業により、今までの授業では体得できなかった、子どもたちの「考える力」や「主体性」を育成することが可能になります。


当プログラミング講座が狙っている本当の目的は、

子どもたちに眠っている下記のような潜在能力を引き出し、伸ばすことにあります。

論理力
思考力

・トライ&エラーを繰り返しながら、問題を解決。

・優先事項を判断。

表現力

・テーマ別学習でグループワークを実施。

・コミュニケーションを通して、意見を整理/折衝。

創造力

・独自の発想で作成したプログラムで実際にPepperが動く。