第3月曜日の1週間 バラ色人生プログラム2019.08

明石市 プログラミング

問題解決トレーニング

<今週のトレーニング>

ステップ1. 問題解決トレーニングができる、このページを最後まで読む。

ステップ2.別のサイトにある思考力表現力コンテストの問題の答えを考える。

ステップ3.その答えをコメント欄に入力する。

2019年3月、兵庫県の公立高校入試問題が激変!

一体、何が激変したのか?

これを知っておかないと、君の人生は狂ってしまうかもしれせん。

整理しましたので、自分のためだと思って、一読して下さい。

(注意)下記の青色文章をタップすると、2019年3月に実施された入試問題がPDFで表示されます。

・「英語」の長文では、見出し(要点)を考えさせる問題が出題。

「数学」では、今までに経験したことない「会話形式」の思考力を問う問題が出題。

「国語」では、「生徒会規約」についての「会話」を読ませて、課題対策を考えさせる、「思考力」と「表現力」を問う問題が出題。

「理科」では、実験データから、次の実験の結果を推測するような「思考力」を問う問題が出題。しかも、暗記では太刀打ちでない問題ばかり。

これらの問題は、 身近な出来事や時事問題をテーマにした 、2020年度に開始される「新大学入試のプレテスト」の問題とほぼ同じ傾向になっていました。

従って、今後、兵庫県公立高校の入試問題でも、身近な出来事や時事問題をテーマにした問題が出ると予想されます。

毎日、新聞を読んで、課題対策を考えている学生は、点数UPに期待できることを意味しています。

つまり、時事問題を深く考えて、自分の意見を書けるようにする「 バラ色人生プログラム 」は、君の人生を大きく変えるチャンスになるでしょう。

なぜ、このような難しい問題が出されるようになったのか?

(注意) 下記の青色になっている「産業競争力会議 雇用・人材・教育WG(第4回)」 をタップするとPDFが表示されます。

文科省の「産業競争力会議 雇用・人材・教育WG(第4回)」では、ロボットやAIが活躍する未来に向けて、付加価値の高い人材を育成することが明記されています。

この資料を読むと、次世代の日本社会で働くために必要な能力は、今までに比べて、かなりレベルが高くなりそうです。 

単純な仕事は、ロボットやAIが行い、 相応の対価を得られる高度な仕事は、人がするようになると想像できます。

一方、楽をしてきた日本の学生が、大人になって、苦しい生活を強いられる別の要因が最近になって生まれました。

2018年12月8日、改正入管法が可決されたのです。これにより、今後、発展途上国から日本で仕事をする意欲ある外国人労働者が増えることになります。

激変している社会の流れに乗り遅れないようにして下さい。 

すでに、外国人労働者の獲得は始まっているのです。

「新卒社員の9割が外国人!」驚きの人材獲得戦略!

これは、フリマアプリの「メルカリ」のニュース記事です。

このように近い将来、競争の厳しい社会環境に変わるのは明らかなので、これからの日本人は、考える習慣を持って、自分自身を高めていく努力をしなければ、人生がゴロゴロと落ちていく可能性が高いのです。

問題解決トレーニング

今から、考える力をつけておくことが大切だと分かったかな?

思考力を高めるには、どうすればいいの?

最初にしてほしいことは、身近なところから、問題点や課題を見つけること!

普段の生活の中で、「これって、ホンマにええん?」という疑問を持ちましょう。

次に、問題点や課題を解決する方法を考えること!

「もし、アカンかったら、どうしたらええん?」自分に質問して、その答えを導きましょう

この方法は、北欧の国々で批判的思考法と呼ばれていて、学校の授業でも行われています。自分に限らず、組織、社会が成長するためには、とても重要な視点なんです。

しかし、条件があります

なんでもかんでも、批判するのではなく、目的から外れていないことに注意して下さい。

批判とは、あら探しではなく、「批(事実を突き合わせる)」「判(見分け定める)」という意味合いなので、 否定や非難という意味を持ちません。

解決方法を「考える」って、難しい?

心配しないで。塾長がいつも行っている究極の解決方法を「考える」ステップをお教えしましょう。

まず、次のことを覚えて下さい。

「考える」とは、自分に質問をして、答えを出すこと。

注意してほしいのは、自分自身に何を質問するのかによって、答えが違ってくるということ。

つまり、素晴らしい考えが欲しいなら、素晴らしい質問を自分にすれば良いのです!

では、早速、塾長が考える時に、自分自身にしている質問の例を説明していくので、鉛筆とノートを用意して、メモを取るようにして下さい。

質問1:時間を変える。

対象となるモノや人を、過去、現在、未来にワープさせたら何が起こるのか、頭の中でイメージする。


質問 2:場所を変える。

対象となるモノや人を、近く、または遠くに置いたら、何が起こるのか、頭の中でイメージする。


質問 3:大きさを変える。

対象となるモノや人を、大きく、または小さくしたら、何が起こるのか、頭の中でイメージする。


質問 4:反対のことをする。

対象となるモノや人に対し、反対のことをさせたら、何が起こるのか、頭の中でイメージする。


質問 5:順番を入れ替える。

対象となるモノや人の順番を入れ替えたら、何が起こるのか、頭の中でイメージする。


質問 6:別のモノ・人を混ぜる。

全く別のモノや人を混ぜたら、何が起こるのか、頭の中でイメージする。

では、これらを使って、実際に文を書いてみましょう。

簡単に一文を書ける5つのステップ!

文を書くのは「嫌!」と思う人、手を上げて!

お~

ほとんど、みんなだな。

でも、心配しないで。

めっちゃ簡単な方法を教えるからね。

ステップ1 「一文の型」を覚える。

一文の型とは、「主語+目的語+動詞」のこと。


ステップ2 設問の答えに対応した「キーワード」を本文から探す。

私、国語、勉強する


ステップ3  設問の内容から、「場所」と「時」を追加するかどうか検討する。

教室 、私、国語、勉強する。


ステップ4 文字数に合うようにキーワードを説明する「修飾語」を付ける。

図書館、私、高校入試に必要な国語、勉強する


ステップ5  それらを一文の型に「入れる」。

・(場所+)主語+目的語+述語。

・教室で+私は+高校入試に必要な国語を+勉強する。

・教室で、私は高校入試に必要な国語を勉強する。

しかし、主語が具体的な人やモノを指さない場合主語を書きません

ですから、先程の文は、次のようになります。

 教室で高校入試に必要な国語を勉強する。

どうでしたか? これで、問題解決トレーニングはおわり。

簡単だったでしょ。

さあ、今月の「思考力・表現力コンテスト」に向けて頑張っていきましょう!

コンテストで優勝すると、素敵なプレゼントがあります。例えば、「お好み焼き 一休さん」のソフトクリーム など。

みんな、真剣に頑張っていこう!

コンテストに参加する前に、受け方を説明します。

STEP 1.

入退室時に使うカードに書かれている「番号」を君の授業ノートに控えておく。この番号を君の名前として使う


STEP 2.

第4月曜日の前日にメールが送られる。それに書かれているアドレスから、「思考力表現力コンテスト」のサイトを立ちあげる。


STEP3.

サイトに書かれている問題を確認し、ノートに君の意見を考えて書く。


STEP 4.

・サイトの下方にあるコメント欄まで、スクロールする。


STEP 5.

・名前(必須)には、「番号」を入力する。

・E-MAIL(必須)には、今、「使っているスマホ・PCのメールアドレス」を入力する。


STEP 6.

・備考欄は空白でOK!

・その下に「君が考えた意見」を入力する。


STEP7.

赤色の枠内のような画面が表示されれば、完了。

今週は、まだ「いいね!」ボタンを押さない!

第4月曜日の週になってから、内容が素晴らしいと思うBEST3の意見に「いいね!」ボタンを押す。

意見(コメント)を入力する時の注意点

間違えて、「返信」をタップして、意見(コメント)を入力すると、左画面のようになる。

返信を押さないように!

最新の投票数を知りたい人は、いいね!ボタンを押してから数分経ってから更新して下さい。

さあ、社会問題を解決する方法について、じっくりと考えて、今週の土曜日までにコメントしよう!

思考力表現力コンテストのページに、君の意見文を投稿すれば、今週のトレーニングはおわり。

もう少しだ。頑張ろう!