お子さまを劇的に「できる子」に変身させる、みんなが知っている感覚とは?

明石市 プログラミング

「勉強しなさい!」

「明日の準備したん?」

「そんなに、ゲームばかりしてたら、取り上げるで!」

どこのお家でも、よく耳にする保護者様の声です。

先のことをイメージする力が弱い子ども。

本能が優先になって、楽しい今を選択しがち。

まるで、このような子どもはイソップ童話に出てくるキリギリスよう。

イソップ童話は、将来を見ていたアリに対して、今を生きるキリギリスが冬に備えて準備をしていなかったため、飢えて死んでしまいましたというお話。

なぜ、アリは、キリギリスからバカにされても、一生懸命に働くことができたのでしょうか?

  • 真面目な性格だったから?
  • 働くことが好きだから?
  • 自分をコントロールすることができたから?

(1934年にウォルト・ディズニーが、アリが食べ物を分けてあげる代わりにキリギリスがバイオリンを演奏するという結末に改変されています。)

この答えは、プログラミング授業の中にあります。

生徒は、Pepperにお辞儀をさせたり、会話させたりできます。

自分の思った通りにPepperが動いたり、話してくれたりすると、その時の生徒は「わ~」と大きな声を出して、喜んでいます。

生徒は、Pepperをコントロールしている感覚を得られます

つまり、これは、お子さまが自分自身をコントロールできる「きっかけ」になることを意味します。

コントロールについて、子どもに言葉で説明しても、分かるものではありません。

自分自身をコントロールすることを分からせるためには、すでに、この「感覚」を体験していることが重要なのです。

プログラミング講座によって、セルフコントロールができるようになれば、

  • 学校の宿題を前もってするようになる。
  • 勉強する時間が長くなる。
  • 翌日の授業で使う教科書をランドセルに入れるようになる。
  • 自分の部屋を掃除するようになる。
  • 制限時間を守ってゲームができるようになる。

このように、毎日が効果的な生活スタイルになります。

アリとキリギリス。

アリのような生き方は、日本人にとって美学だと感じますね。

しかし、今は、、、、、、、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。