ロボットプログラミング講座の流れ

 

第1週目

 
ミッション
ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町    

最初に、今月に作る「モノ」を理解することから始まります。

日本のものづくりメーカーの協力による、リアルにこだわったテキストを読みます。

それには、初めてその「モノ」を作った人のアイデアや苦労を想像できるように、

「モノ」の目的、その形や色になった必然性、目的達成のための別の方法などを、トリビアをまぜながら詳しく紹介しています。

このテキストを読んで、実際に社会で役に立っている機器の仕組みを考え、

これと同じものを制作することで、「自分でも作り出せる」と実感してほしい、という心を育てるねらいがあります。

町の中で、お子さんが「モノ」を見つけた時は、保護者様に自慢げにいろいろな話をするかもしれません。

そのときは、「すごいね~。よく知ってるね。」と、褒めてあげてください。

お子さんの自尊心が強くなり、勉強する気持ちが強くなります。

ロボットプログラミング製作
ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町    

ミッションを達成するために動画を見ながら、ロボットを組み立てて、パソコンでプログラムを作ります。

  • ロボットの組み立てには、モーター、センサー、LEDなどの基本パーツと、縦・横・斜めにつながれるArtecブロックを使います。ブロックを組み立てていくこの作業は、空間認識力も育てるできます。また、基本パーツの種類を絞ったシンプルな構成のためキット代が安く済みます。
 
  • プログラミングには、マサチューセッツ工科大学で開発された、子ども向けプログラム言語「Scratch」をカスタマイズしたものを使います。プログラムの文法を知らない初心者でも、視覚的に操作できるのが特徴です。この作業では論理力を鍛えることができます。
 

第2週目

 
ミッションの実行

ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町

光の性質や生物の運動について考えたり、速さと距離や角度について計算するなど、各回のテーマに関連させてSTEM(科学、技術、工学、数学)領域の学習を行います。

プログラミングを通じて習得するITスキルだけでなく、科学や算数を同時に学ぶことができます。

この時は、学校で習っている内容が大活躍するので、勉強する意味を理解させる絶好のタイミングです。

ダブルループ学習

ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町

本物の力を育てるために、同様の講座の多くがPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルでの問題解決法を採用しています。

本講座ではさらに、見て(see)考えて(think)類推する(wonder)ことで今の計画を再評価しながら進める、「ダブルループ学習」を行います。

何か問題が発生すると、新しい知見から検証し、改善方法を仮説し、実行し、このプロセスを用紙に記録します。

このような思考を繰り返し続けることにより、社会の変化や新技術にも対応できる、柔らかい頭を作ります。

     

第3週目

ほとんどのロボットプログラム講座を実施している教室は、第2週目で終わりです。

しかし、個別指導キャリアの講座は、もっと生徒の能力を引き出すために、

学習塾でのノウハウを活かした授業が続きます。

第3週と第4週の授業は、当塾だけのオリジナル指導です。

レポート作成
ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町  

「ダブルループ学習」で記録した内容と以下の質問事項をもとに、キャリアオリジナル「作文フォーマット」を使いながら、レポートを書いていきます。

  1. 計画通りにならなかった時、どこに着目したのか。
  2. その原因は何だったのか。

  3. その対策をどのようにすれば良いと考えたのか。

  4. この考えが正しいと仮説した結果、ロボットはどのように動いたのか。

  5. この体験から、何を学びとったのか。

  6. この学びを生活でどのように活かしていきたいのか。

作文が苦手の方も大丈夫です。

一文の構造をきちんと理解するために、主語、述語、目的語、修飾語の働きと、それらの関係について、別途教材で一通り学習します。

その後に、キャリアオリジナル「作文フォーマット」を使いながら、丁寧に作文指導を行います。

この週では、自分が考えたことや実行したことを文章化します。

自分のアイデアを人に知ってもらうためには、説明しなければならない。

その説明が上手だと、相手は理解してくれる。

理解してもらえると、自分のアイデアが価値に変わる。

逆に、自分の考えを上手く相手に伝えることができなければ、価値がない。

そうならないために、今、国語を勉強しているんだと、体験から教えていきます。

特に、公立中高一貫を目指されている方は、入試問題にこのような思考力を問われる問題が出題されますので、是非、受講されることをおススメします。  

第4週目

 
レポート発表

ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町ロボットプログラミング講座/明石市/大久保町

 

みんなの前でプロジェクターを使って、第3週目に作成したレポートをプレゼンします。

最後には、みんなで拍手をして、その勇気と努力に対し発表者を称えます。

また、友達の発表を見て、人の説明を理解し、共感し、質問する力も育てます。

実は、この経験が中学生になって大きい意味を持ちます。

授業中、黒板の前で説明できるようになれば、内申点の評価も上がり、志望高校に近づくからです。

ここで、お聞きしてもいいですか?

人前で話をすることが苦手の方はいらっしゃいますか?

安心して下さい。

「完全なものを発表するのではなく、自分の思いを語るようにしよう」と精神的なアドバイスも行いつつ、発表に慣れるように、ステップを踏んでいきます。

このように、第1週目から4週目にかけて行う授業は、新大学入試に必要な力を育てます。


料 金

  • 人数:1教室、8名まで。
  • 授業曜日:毎週水曜日のみ
  • 授業時間:17:00~18:30(90分間)
 
項目 費用(税込)
入塾金 15,000円
月謝(月4回) 9,600円
諸費用(毎月) 2,500円